車検の見積もりはどうやって取るべきか

自動車を持っていると、車を運転しようが運転しまいが必ず訪れる車検。車種によっては新車では乗用車タイプは、最初は3年で以降は2年ごとですが、軽自動車では自動車タイプが最初は3年で以降2年ごと、軽貨物車は最初から2年ごと、その他の貨物車やバスなどでは1年です。金額も車種や大きさによって大きく変わり、自動車が大きくなればなるほど高くなります。また、日ごろの整備状態によっても大きく変わるもので、整備を放ったらかしにしているほど高くなります。とはいえ、車検は法定費用も含めるとどんなに安くしようとしても何万円と高価なものです。なので、少しでも安く済ませたいというのが人情です。そのためには、見積をとることが第一ですが、どうやって取ったら良いでしょうか。

時間がある限り複数の工場からとろう

自動車ディーラーやガソリンスタンドやカー用品店など、基本的に車を扱っているところはどこでも受付しています。基本的には、自動車を購入したところで自動的にするのが多いですが、ほかを探してみると安く済む場合もあります。そこで、最近はインターネットを利用した一括サイトがあり、いくつかのデータを入力とそれに適したところが出てきます。また、金額が出ていてもちろん安いほうに越したにありませんが、あくまで概算なので正確には実際に見てもらわないとわかりません。それで、誤解を招かないためにも表示された金額をうのみにしないで実際に見てもらってから見積を出してもらいましょう。工場によっては代車無料だったり、夜間も対応してくれたりオイル交換サービスなど、さまざまな特典やサービスがあります。そういったところも踏まえながら選ぶと良いでしょう。また、安いに越したにありませんが、その分消耗品の交換など一部で省略することがあります。その時に教えてくれれば良いのですが、教えてくれないときもあるのでその分自分で管理する必要があります。

見積の申し込みは余裕をもってやろう

車検は切れる1か月ほど前から申し込みます。これはギリギリになると受付できずに切れてしまうことがあり、そうなるとその日から自動車を運転することができなくなってしまいます。したがって、そうならないためにも遅くとも1か月くらい前には申し込むと良いでしょう。時間はおおよそで1時間くらいで、この時に法定費用を含めて必要な経費が算出されます。それで、提示された明細を見て必要なものは追加して不要なものは除外するなど打ち合わせができます。分からないところがあれば、丁寧に説明してくれますので納得がいくまで話しましょう。また、見積はほぼ正確な金額になりますが口約束だと実際はもっとかかったとトラブルになる可能性があります。したがって、これを取るときは必ず書面にしてもらうことが大切です。しかし、あとで必要な整備が出ることがあり料金が追加される場合もあることを覚えておくと良いでしょう。