車検の見積もりの比較方法とその見方

所有している自動車を公道で使用するためには2年に一度の車検(継続検査)を受けることが必要となります。継続検査の有効期限は2年間であり、継続検査を受けていない期限切れの自動車を公道で使用することは違法行為となるのです。この継続検査を受けるためには様々な費用が必要となります。この費用は数万円かかるために、自動車所有者は大きな出費を強いられることになるのです。殆どの人が継続検査をディーラーや整備工場などの専門業者に依頼していますが、多くの業者が存在していますので、業者選びも大きな問題となります。この業者選びの際、比較対象となるものはやはり『料金(手数料)』となります。なるべく多くの業者から見積もりを取り寄せ、これを比べることが重要となっていくのです。

車検業者を選ぶ際には見積もりの比較が大事

自動車を所有していると、必ず2年に一度の車検(継続検査)を受ける必要があります。これは自動車所有者の義務であり、継続検査の有効期限を過ぎた車は公道で使用することが不可能となります。しかしこの継続検査では大きな出費を強いられることになります。2年に一度とは言え、これは自動車所有者にとって大きな悩みとなります。多くの場合では、継続検査の手続きを全てディーラーや整備工場などの専門業者に依頼することになりますが、その際には業者選びが大事となります。業者の比較対象となるものが料金です。よって、専門業者の継続検査の料金見積をなるべく多く取り寄せ、それを比べることが必要となりますが、ここで問題となるのが『金額表のどの箇所を比較するべきなのか』という点です。

比較すべき箇所は法定費用以外の手数料

比較する前に継続検査の費用の見方を知るべきでしょう。そもそも継続検査の費用は『法定費用』と『法定費用以外の手数料』の二つに分かれます。法定費用とは、国が定めた継続検査の費用であり、どのような方法で継続検査を受けても同じ金額となる費用です。これには自動車重量税と検査手数料、そして自賠責保険料があり、これらの金額はどの業者で継続検査を受けても同じ金額となります。つまり、取り寄せた見積もりの比較箇所は『法定費用以外の手数料』ということになるのです。この法定費用以外の手数料というのは、いわゆる業者に支払う手数料(業者の取り分)となります。ここで重要となる点が、この手数料の中に点検・整備費用が含まれているかどうかという点です。格安料金の業者の場合には、別途整備・点検費を請求されることがありますので注意が必要です。この点についても業者に確認し、よく比較して業者を選択していくべきなのです。