車検の見積もりから申し込みまで解説します

車にかかるものはガソリン代や税金だけでなく、定期的にかかる費用もあります。その定期的にかかる費用が、車検になり初回以降は2年おきに受けなければいけません。1回目や2回目くらいであれば、劣化している部品などもそれほどないので、費用もそこまで高くはなりませんが、3回目以降や走行距離がとても多く走っている車などは注意が必要になります。年式が古くなったり走行距離が多かったりすることで、すり減っていたり故障の原意になる箇所があったりと、安心して走行するためには修理が必要になります。そうなってくると費用がとてもかさむことがあるので、見積もりを取ることが必要です。どのような費用がかかるのかしっかりと把握して、余計な修理を無理にしないなどの工夫が必要になります。

費用がどのくらいかかるのかは余裕を持って確認をしましょう

車検を受けることができるのは、有効期限の1か月前からとなり余裕を持って受けることが、ぎりぎりで受けるよりも安心することができます。そのため、余裕を持って受けるには1か月以上前から見積もりを取っておくと、検査を受けられる日になったらスムーズに受けることができます。見積りを取ってもらうときは、検査を受ける1週間から3週間くらい前に取るようにしましょう。その際に重要なポイントは、検査に通らない箇所を洗い出し、検査の合否に関係はないですがすぐにでも交換や修理が必要な場所を教えてもらうことも重要です。そのほかにも、すぐではないですが将来的に交換が必要になる箇所も確認しておきましょう。そして、合理性のある交換や修理をすることが、費用の削減にもつながります。

車検を受けるタイミングも重要になります

車検は期限が近づけば案内が来ますが、案内が来ない場合もあるので注意が必要です。案内が来ない場合とは、中古車を購入した場合であり、自分で期限を把握しておかなければいけないので気をつけましょう。その場合、民間の整備工場やカー用品店、ガソリンスタンドなどで検査を受けた場合には、次回の有効期限の前には案内が来ることもあるので、確認することも大事です。しかし、どちらにしても受けることができる期間に入る前に見積もりを取っておくことが、時間に余裕を持つことができます。期限が切れてしまうと余計な費用がかかってしまうので、早めに終わらせるようにすることが大切になります。また、1か月以上前からでも受けることはできますが、次回の期限が前倒しされてしまうので注意しましょう。