初心者でもわかりやすい車検の見積もり基礎知識

初めて自家用車を所有する人にとって、「車検」とは未知の領域の作業ですので、どのような費用が発生するのかがわからないという悩みが出てくるものです。一般的な自動車ディーラーでは、完全な整備点検を行い、きわめて良い状態に仕上げてくれるものですが、過剰整備となっている部分も多く費用は高くなりがちです。そこでおすすめなのが格安で実施してくれる業者の選定です。見積もりを出してもらうとわかるのですが、ディーラーで実施するよりもかなりリーズナブルに行うことが可能となります。できるだけ費用を抑えたい方や、新車で購入して1回目で走行距離がさほど多くない方など、格安業者を上手に利用することによって、安全な整備をディーラーよりも大幅に安く実施してもらえます。

見積額には自賠責保険と重量税も加算されている

ディーラーと格安業者では、かかる費用に違いがあると言われていますが、見積額を請求してそれぞれ比較すると、同じ金額を納付することになっている欄があります。どちらで受けても同じではないかと勘違いをする方もいますが、その金額はいわゆる「法定費用」とされる、必ず納付しなければならない金額となっています。法定費用には、自動車1台につき必ず加入することになる自賠責保険(自動車賠償責任保険)と重量税(自動車重量税)があり、その2つの費用はどこで車検を実施したとしても必ず同じ金額を支払わなければなりません。この部分では差額が発生しませんので、金額を比較する場合にはその他の部分に注目することが重要です。細かく見ていくと大きな違いがあることに気がつくことでしょう。

費用の差が発生するのは工賃や検査料

法定費用は同額である分、車検の費用を下げるためには工賃や検査費用の部分となります。見積額を比較してみるとディーラーで実施した場合の工賃や検査料は格安業者よりもかなり高めに設定してあります。これは自動車ディーラーの儲けの中に、修理や点検、検査などで発生する手数料が多く含まれているためです。もちろん高品質なサービスや充実したアフターケアを行ってくれますので、自動車に関しては全ておまかせしたいという考えの方には良いのですが、少しでも負担を減らしたい方にとっては割高感が否めません。そこで格安業者の車検を受けることがおすすめです。ディーラーとは異なり、修理点検を専門的に行っている業者であることで、コストを下げることが可能となっており、格安の工賃を実現しています。