ゆったりしたソファーで心身共に癒される時

ソファーの好みは人によってかなり違うものである。同じ人間でも、年齢によって、あるいはその時の状態によって、心地よく感じるタイプの物は違ってきても不思議はない。ただし、残念ながら必ずしも自分のその時の好みを反映したソファーを購入できない時も多いであろう。例えば、住環境の問題がある。手狭な住宅ならば、大きく、高さのある、背もたれも高い、見た目のゆったりとしたソファーではないほうが使いやすいであろう。そういった環境では、小さく、あまり高さがなく、背もたれの部分もやや低めの物の方が合うであろう。が、これは個人の好みである。ソファーに座ってくつろぐのがとても好きで、その時間も結構長く、家族も皆同じ価値観ならば、ゆったりとした立派な物を居間におくもよいであろう。大きくてゆったりとしたソファーはそれだけでとても素晴らしく心地のよい物だが、精神的にゆったりとできる、自分が心地よい物であれば、それが最高にいいのである。

身体が深く沈み、もう立ち上がれなくなるくらいにふかふか、ふわふわした物が好きな人もいれば、そこまでふかふかのものを好まない人もいる。他に素材とかも、例えば小さな子供がいたり、ペットがいたり、喫煙する人が家族にいたり、よく訪ねてくる人の中にいたりする場合は布製でない方がいいだろう。他に、そのソファーでお酒を飲んだりする人がいる場合も、酔ってこぼしてしまう可能性がゼロではないので、布製ではない方がいいだろう。汚してしまう事を気にして、精神的にゆったりとできないのであれば、それは購入の仕方としてはあまり正しくはなかったと言えよう。心身共にゆったりとするため、癒されるため、楽しい時間を過ごすためにある物なのですし、一度購入すると、結構長い時間使うことになる物ですから、購入する時にはよく考えて慎重に購入したいものである。必ずしも、サイズや形だけがゆったりとできる要素ではなく、住環境や自分のライフスタイルに合っている物である事が大切である事を忘れてはいけない。例えば、空間が広く開いているのが好きだという人もいるのである。たくさんある家具で部屋が埋まってしまうとリラックスできない、と思う人は意外と多いものである。

そういう人はクッションみたいな物を何個かおくほうが、大きく背もたれも高い立派なソファーを置くよりもはるかにいいであろう。とは言っても、家具などは割と使っているうちにどんどん愛着が沸いてくるものである。

No Comments yet.