車検の見積もりの取り方とその見方

日本で車を走らせるために必ず定期的に受けなければいけないのが車検です。新車でははじめだけ3年に1回、そしてそれ以降、または中古車の場合は2年に1回、車の総合的な検査を受ける必要があります。公道を走るためには必ず受けなければいけないですし、期限が切れたままで公道を走ると立派な道路交通法違反になります。とはいえ、かなりまとまった費用が掛かるので出来るだけ安く済ませたいと思うのが本音ではないでしょうか。しかし、それよりも納得のいく費用を提示してくれるお店で検査を受けるのが自分の身の安全を守るためには大切です。では、車の検査を受けるための見積もりは、どのような手順で行えばよいでしょうか、そして提示される書類の見方についても良く理解しておきましょう。

大まかな見積までの手順について

まず、見積りを取るまでの具体的な手順ですが、検査を受けるのは前回の検査の期限が切れる1か月前くらいにしておきましょう。余りにギリギリで受けるのも良くないですが、2か月以上も前に検査を受けると、次の検査の期限が切れる日にちが早まるので、その分損をすることになります。よっぽどのことが無い限り1か月もあれば十分お店を選ぶことが可能です。検査を受ける店に関してですが、お店によって費用が大きく異なるのが車検の特徴です。自分の近くのお店から候補をいくつか絞ってまずは納得のいく費用で検査を受けられる場所を見つけましょう。検査は一日かかることがほとんどなので、できれば無料で代車を借りることが出来るお店が良いです。良さそうなお店が見つかったら実際に検査してもらいたいことを伝えます。その場で大まかな検査をしてもらい、外洋で計算した見積書を見て、納得がいったら実際に検査をしてもらうことになります。

満足のいく車検を受けるには書類にしっかり目を通しておこう

検査の依頼をすると、その場で車の状態をチェックされ、大まかな検査費用の概要が書かれた書類を提示されます。検査の依頼をしていきなり本検査をすることはほとんどなく、この概要の書類を見て納得いった上で本検査が行われます、ですから、この書類にはしっかりと目を通しておくことが大切です。項目は大まかに法定費用と検査費用に分けられています。このうち法定費用に関しては必ずかかる費用なのでチェックする必要はありません。チェックしなければいけないのは検査費用の分です。検査費用の項目は店側が自由に設定できるので、各項目が納得いくものになっているかのチェックが必要です。余りに簡素過ぎて重要項目が抜けているような書類を提示する業者も不安ですが、逆に項目は細かすぎて何のための費用かよく分からないものが多数書かれている業者も避けた方が良いでしょう。