オーガニックコットンができる理由

コットンは色々な素材に使用されています。化粧水を肌に付ける際のコットンに使われたり、下着や服など、肌に触れる物に使用されることがほとんどです。しかし、そのコットンを作られる土壌や環境への配慮に特定の基準をクリアしたコットンは、オーガニックコットンと呼ばれるコットンへと変貌します。これは国際的な基準が設けられており、例えば土壌に有害な農薬を使わないことです。土壌に有害な農薬というのは、人にも有害である可能性が高く、コットン農家の人への配慮が求められます。コットンを栽培する際、そのような農薬を使うことなく、自然に任せた農薬を使用することによって、農家の人も守ろうとしていることです。また、それだけでなく、自然にいるてんとう虫などの益虫を使うことによって、栽培方法を安定させています。このように、ただ自然由来だけな訳でなく、ちゃんと理由のある自然由来製品がオーガニックコットンです。

オーガニックコットンについて

オーガニックコットンというのは、様々な基準に沿って認証機関に認められたコットンのことを言います。まず、農産物としての栽培段階で、化学肥料や農薬を使用せずに有機肥料などを使った栽培をすることになります。通常の栽培をしていた農地からオーガニック栽培への切替えには、残留農薬の影響などを考えて3年程度を要することになります。次にこのようにして厳しい基準の中で栽培されたコットンを使用して、製品に仕上げる段階でも厳格な基準が適用されます。化学薬品の使用を最小限に抑えたり、人手がかかる加工作業において労働の安全性を確保したりして、基準をクリアした工程で作られた製品が、オーガニックコットン製品として認証されます。生産段階と加工段階で通常のコットンよりも人件費がかかることから、製品価格はどうしても高めになりますが、地球に優しい工程が理解され消費量が増えていけば、価格の低下にもつながります。

オーガニックコットンを生活に取り入れるメリット

近年、衣服や食品でオーガニックという言葉を良くに耳にするようになりました。世間一般的に見て、値段が高いと言われていますが、一部の民間企業では、低価格なオーガニック商品を扱うことで人気を得ている企業も多くありません。そんなオーガニックが流行している中、代表的なものは、オーガニックコットンです。実はオーガニックコットンは、第三者認証機関の認証がなければ商品として販売出来ません。しかしそれだけ保証されている商品なので、品質はかなり良いものです。当然その分、販売条件のクリアも難しいです。その条件とは、3年以上化学農薬・化学肥料が使われていない土壌で栽培されることであり、遺伝子組み換えの種ではなく、有機肥料のみで栽培されたコットンであることです。そして、労働の基準として児童労働が行われていないことと、フェアトレードで取り引きされていることも条件となります。しかし、人々は何故、値段が高いイメージがあるオーガニックコットンを購入するのでしょうか。それは、自分が健康体でいられるからです。自らの健康を維持し、また高い付加価値を持つコットンを所有することで、自分の生活や仕事環境を整えることができます。現に栽培では、農薬や化学肥料を使わないため、人体や環境へのマイナス影響はないことが証明されています。そのため、自然に寄り添う、豊かな生活を実現できる可能性があるのです

自社製造でお求めやすい価格を実現しています。 定期的にお得なセールを実施中!50%以上お得なものも! 不良品、誤品配送の際の送料は、当社負担で対応させていただきます。 オーガニックコットンについての知識をご紹介しております。 海外の良質なリネンにこだわり丁寧に縫製した服はやさしい着心地を感じられます。 ブランド立ち上げから9年の実績があります。 人にも環境にも配慮した生地を使用しています。 オーガニックコットンの服販売「ノフル」にまずはお越しください。

No Comments yet.